recipe_icon

生き還りのレシピ

食いしん坊の養生食


食べるよろこびは生きるよろこび。
80歳のハハがつくる
身体によくて美味しい養生食。




20160818

〈レシピ31〉ノンオイル・ベジマリネ


haha

ハハ的には酢の物なんだろうけど、味わいは洋食だよね。
マリネかな。

haha

そうねぇ、どっちなんだろう(笑)。
干しぶどう酢に玉ねぎを漬け込んだのを
ドレッシングにして、
ズッキーニとパプリカは、
さっとお塩をふってしぼっただけ。

amigo

マリネってそもそも、
酢やオイルなんかで作った調味液に
食材を漬け込むことを指すのだろうから、
酢の物も「マリネしたもの」なんだよね。
・・・というわけで、これはベジマリネってことで。
オイルや砂糖を加えてないのに、
酸味がまろやかでいいねぇ。

haha

これ、干しぶどう酢とお塩だけなの。
酸っぱかったらお出汁で割ろうと思ったんだけど、どう?

amigo

甘みも酸味もちょうどいい。
さっぱりしてて、
食欲のないときにもパクパク食べられる感じ。

haha

良かった。

amigo

香味野菜は大葉じゃなく
パセリやパクチーでも美味しいよね。
意外なほど味が変わる。
それから、これはまぁ言っても仕方ないんだけど、
鮭のルイベを和えても美味しいよねぇーーー。

haha

それはもう美味しいに決まってる!
おかあさんは食べられないけど(苦笑)。


※ハハはプロの料理人ではありません。
 ここではハハとアミーゴ家族が身体に良くておいしいと思うものを
 ハハ流のつくり方でご紹介しています。




zairyo
<3人分>
玉ねぎ 50g
トマト 150g
パプリカ 1/2個
ズッキーニ 150g(1/2本)
大葉 適量

干しぶどう酢 大さじ4
塩 ひとつまみ

※「干しぶどう酢」の材料と作り方はこちらを参照してください。


tsukurikata
1)玉ねぎをみじん切りにして、干しぶどう酢と和えておく。
2)トマトは湯むきし、種をとってざく切り。
  パプリカは縦半分に切ってから薄切り。
  大葉は粗みじんに切って、さっと水にさらす。
  ズッキーニは厚さ2mmの半月切りにし、
  軽く塩(分量外)をして、水分が出てきたら軽くしぼる。
3)1)とトマトと塩を混ぜ合わせ、さらにズッキーニ、パプリカ、
  大葉も加えてさっと和える。


twitterfacebook

recipe_gohome